歌ってみたの伸びる理由が謎な件について

歌唱力と再生数

歌い手人口も増えて、TwitterのTLでも日々様々な歌ってみたを聞く機会が増えました。

昔と比べて歌がお上手な方が簡単に見つかる時代です。

でも、

伸びてないんですよね。

正直歌が上手くなくても、Twitterのいいね・RT数を獲得している方は多いです。体感、いいね数が300いっていれば歌唱力視点で安心して聞ける印象です(※超個人的な感想)。

しかし、300いってる方でもYoutubeやニコニコなどの再生数を見に行くと2桁くらいだったりして驚きます。ではこのSNSでの数字を軽視して良いかといえば、宣伝元における数字の重要性はやはり無視できません。

正直無名な状態から個人の力のみで再生数を獲得しようと思っても化物レベルで歌がうまいとかでなければ厳しいかなって思います。宣伝ツイートの歌みた動画を聞いたその一瞬で人を惹きつけられる歌声、歌唱力があればワンチャン、って感じでしょうか。

Youtubeとかも最初に話したように歌い手人口が増えてますから、ハイエナで新曲のボカロ曲の歌ってみたを出すくらいでしか人の目につきにくい状態です。しかし昔からハイエナ行為は続いてますから、時間がたてばすぐ埋もれます。

再生数を伸ばすために一番重要なこと

じゃあまず何をしたら良いのか。方法は一つではありませんが、共通することはこれかなって思います。それは、

ブランディング

かなと。

Youtuberも今流行りですが、管理人の私も結構前から色々なYoutuberの方を見ていて、伸びている人に共通することってなにかと考えていたら、それは「伸びる人はブランディングが上手い」ということなんです。

ブランディングがなにか分からない方のために説明すると、ユーザーに商品やサービスの共通イメージを認識させることです。もっといえば、活動者の名前を広め、価値をあげることです。当サイトを例にしていえば、「クリエイター図鑑」という名前の価値、認識を広めることが知名度をあげる、数字を獲得することにつながります。「クリエイター図鑑」といえば「動画クリエイター・投稿者の手助けをしてくれるサイト」「MIX師(絵師・動画師)がすぐに見つかるサイト」、というように。これを実現すること(ブランディング)でユーザーに広く認知してもらえるようになるという仕組みです。

例えばですが、歌ってみたのタイトルに毎回固定の文言をいれるなどもブランディングの1手段だと言えます。すでに有名な歌い手の方を例に出させてもらえば、「童貞が~を歌ってみた」を使用している「びす」さん、「歌ってみたのは」を使用している「メガテラ・ゼロ」さん、などなど、動画検索欄やトップページ、おすすめにこのワードが入ったタイトルを目にすれば、「あ、びす(メガテラ)さんだ!」「このタイトルの人いつも見るな、ちょっと見てみるか」ってなるわけですね。

後は最近流行りの顔出し。顔がよければ男性も女性もそれだけで再生されますし、ファンもつきやすいですよね。しかも女性の場合は顔を出さなくとも男性を意識した身体の一部を強調した動画なども簡単に再生数はあがります。Youtubeでピアノの動画なのに毎回画角が胸を強調しているとしか思えないようなものもあったりするくらいです(笑)。でもそれで再生数稼げてるわけですから男性は単純です(笑)。

他には歌以外のところで名前を売ることですね。得意なゲームがあれば実況動画でファンを作るとか、ライブ活動をしてオフラインでファンを作る、とかとか。

上記はほんの一部のやり方ですが、複合技で攻めたらもっといいかもしれません。ただ色々手を出しすぎると中途半端になって結局数字に繋がらないなんてことになりえますから、自分の名前を売るための最善の方法を自身の性格や長所と照らし合わせて考えましょう

もっと簡単に再生数をあげる方法

これはもう簡単、誰でもわかることです。

有名な人とコラボする

これはもう簡単に数字稼げますね。有名Youtuberも大体はこの方法で伸びてます。グループが強いのも正直これなんです。グループの誰かが数字取れればそのグループに注目が集まりそこから個々にファンが流れていくわけですね。まぁ無名な状態で有名な歌い手さんがコラボしてくれることも早々ないわけですが。。。

後は最近歌い手さんのグループが多いことについて。これってす〇ぷりなどの有名グループに憧れてなんだと思いますが、現在無名な人の集まりで、有名になることを目的としているなら正直おすすめできません。私はまず個々が数字を取れるようになる努力をするべきだと思います。グループの個々が数字を持ってない状態でグループの名前を売っていこうと思うと本当に大変です。歌い手のグループの母数が多い時点で埋もれやすくもなりますしね。また、グループを過信しすぎておんぶにだっこ状態だと人任せ状態で努力を怠りがちです。

本当に歌い手として成功、飯を食っていきたいなら、自身で数字を取れるようになった状態で、既に数字を持っている人とコラボするなりグループを組むなりして相乗効果を狙ったほうが効果的です。

まとめ

つらつらと書いてきましたが私の一意見ですし、この記事に書いていることは「有名になること」「再生数を稼ぐこと」を目的としている歌い手さん向けの内容です。

本当に趣味で数字にこだわらない人には関係のないことなのでその点ご了承ください。

当クリエイター図鑑はMIX師さん・動画師さん・絵師さんのブランディングの手助けになれるようこれからも努力していきますので、是非今後共応援よろしくお願いいたします。